読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


【Windows7】リモートデスクトップでパスワードを保存する方法

windows

f:id:replication:20150725092207p:plain

はじめに

リモートデスクトップでサーバに接続する際、パスワードを保存するにチェックを入れても、毎回パスワードを聞かれてしまうので保存する方法がないかと調べたら、パスワードを保存することができました。

リモートデスクトップでパスワードを保存する方法

1.ファイル名を指定して実行から「gpedit.msc」を入力して実行します。
f:id:replication:20150725092341p:plain
2.コンピューターの構成>管理用テンプレート>システム>資格情報の委任から
「NTLMのみのサーバー認証で保存された資格情報の委任を許可する」をダブルクリックします。
f:id:replication:20150725091316p:plain
3.有効(E)にチェックを入れ、表示ボタンをクリックします。
f:id:replication:20150725091524p:plain
4.接続するサーバのIPアドレスを「TERMSRV/11.22.33.44」の形式で指定します。
f:id:replication:20150725091955p:plain
サーバの台数が多いときは、ワイルドカードを使って指定することもできます。
f:id:replication:20150725092022p:plain
5.コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

gpupdate
>ユーザー ポリシーの更新が正常に完了しました。
>コンピューター ポリシーの更新が正常に完了しました。

あとはリモートデスクトップから「資格情報を保存できるようにする(R)」にチェックを入れればパスワードを保存することができます。

関連記事