読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


Excelでテストケースが作れるPictMasterの使い方

osdn.jp

はじめに

組み合わせテストを行う際の組み合わせパターンを自動的に算出してくれるツール「PictMaster」の使ってみました。

【この1冊でよくわかる】ソフトウェアテストの教科書―品質を決定づけるテスト工程の基本と実践
石原 一宏 田中 英和
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 21,489

必要なもの
  • PICT(Microsoft製)
  • JRE Version 8 Update 91
  • PictMaster
  • Excel2007以降
インストール

1.以下のURLからMicrosoft製PICTをダウンロードして、pict33.msiをダブルクリックしてインストールします。

f:id:replication:20160521092834j:plain
f:id:replication:20160521092925j:plain
f:id:replication:20160521092932j:plain
f:id:replication:20160521092941j:plain
f:id:replication:20160521092947j:plain

2.以下のURLからJREをインストールします。

3.以下のURLからPictMaster本体をダウンロードします。

f:id:replication:20160521093820j:plain

4.PictMaster 6.4.5J.zipを解凍してできたフォルダ内の以下の2つのファイルをPICTのインストールフォルダ(C:\Program Files\PICT)にコピーします。

  • nkf.exe
  • cit.jar
PictMasterを使ってみる

1.PictMaster.xlsmをExcelで開きます。
f:id:replication:20160521094633j:plain
2.たとえばラーメンの注文の組み合わせを作る場合、各パラメタと取り得る値を列挙します。
f:id:replication:20160521095845j:plain
3.実行ボタンをクリックすると以下のように12ケースの組み合わせが列挙されます。
f:id:replication:20160521100127j:plain

おわりに

PictMasterでは、パラメータとパラメータが取り得る値を列挙できれば、組み合わせテストのテストケースを自動生成することができます。Excel上で編集できて扱いやすい点もオススメです。