読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


SonarQubeでC++コードを静的解析してみる

f:id:replication:20160109160823p:plain

はじめに

SonarQubeでC++コードを静的解析してみました。
SonarQubeについては以下の記事をご欄ください。

バージョン
  • SonarQube 5.2
  • Sonar Runner 2.4
  • Sonar C++ Plugin 0.94
  • JRE Version 8 Update 66
ソフトウェアのダウンロードとインストール

1.SonarQubeは以下のページからダウンロードして、"C:\sonarqube-5.2"に展開します。

2.Sonar Runnerは以下のページからダウンロードして、""C:\sonar-runner-2.4""に展開します。

3.JREのダウンロード
www.java.com
4.C++プラグインのダウンロード
以下のページ(画面最下部)からsonar-cxx-plugin-0.9.4.jarをダウンロードして、C:\sonarqube-5.2\extensions\pluginsにコピーします。
github.com
f:id:replication:20160109154626j:plain

SonarQubeの起動

1.以下のバッチファイルをダブルクリックしてSonarQubeを起動します。

C:\sonarqube-5.2\bin\windows-x86-32\StartSonar.bat

2.ブラウザからhttp://localhost:9000/にアクセスします。
f:id:replication:20160109153047p:plain
3.画面右上のログインからSonarQubeにログインします。ログインIDとパスワードは「admin」です。
f:id:replication:20160109153213p:plain

SonarQubeの日本語化

1.管理ページのメニューにあるAdministration→System→Update Center
f:id:replication:20160109153407p:plain
2.Availableタブを選択し、
f:id:replication:20160109153606p:plain
3.Japanese Packを探し、Installします。
f:id:replication:20160109153616p:plain
4.Ctrl + CでJavaプログラムを停止し、再起動すると日本語化されます。

コード解析

以下のページからサンプルプロジェクトをダウンロードして、C:\sonar-examples-masterに展開します。
github.com
f:id:replication:20160109155530j:plain
C:\sonar-examples-master\projects\languages\cpp\cpp-sonar-runner配下にあるsonar-project.propertiesをテキストエディタで開き、
sonar.languageをc++に変更します。
f:id:replication:20160109160523j:plain
コマンドプロンプトでC:\sonar-examples-master\projects\languages\cpp\cpp-sonar-runnerに移動し、以下のコマンドを実行します。

C:\sonar-runner-2.4\bin\sonar-runner.bat

EXECUTION SUCCESSが表示されたら解析成功です。
f:id:replication:20160109160635p:plain

SonarQubeのダッシュボード上にプロジェクトが追加され、解析結果を確認することができます。
f:id:replication:20160109160816p:plain
f:id:replication:20160109160823p:plain

関連記事