読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


Windows8.1にOracle Database 12c Clientをインストールする

Oracle

f:id:replication:20150802130509j:plain

はじめに

Windows8.1にOracle Database 12c Release 1 Client をインストールしてみました。

Oracleの現場を効率化する100の技
技術評論社 (2015-05-29)
売り上げランキング: 12,298

環境
  • Windows8.1 32bit
  • Oracle Database 12c Release 1 Client 32bit
Oracle 12c Clientを入手する

以下のページからOracle 12c Clientをダウンロードします。(事前にユーザ登録が必要です)

f:id:replication:20150802124346j:plain

**

1.winnt_12c_client32.zipを解凍します。解凍してできたフォルダにあるsetup.exeをダブルクリックします。
2.インストールタイプは、「ランタイム(R)」を選択します。
f:id:replication:20150802124906j:plain
3.ソフトウェアの更新をスキップ(S)を選択します。
4.f:id:replication:20150802125008j:plain
5.右側のペインに日本語が追加されていることを確認して、次に進みます。
f:id:replication:20150802125116j:plain
6.Windows組込みアカウントの使用(L)を選択します。
f:id:replication:20150802125216j:plain
7.ホームディレクトリのパスを確認し、次に進みます。

Oracleベース C:\app\client\ユーザ名
Oracleホームディレクトリ C:\app\client\ユーザ名\product\12.1.0\client_1

f:id:replication:20150802125236j:plain
8.前提条件のチェックが行われます。
f:id:replication:20150802125504j:plain
9.ここで予期しないエラーが発生しました。32bit用のクライアントをインストールしたはずなのに64bitアーキテクチャが存在しないと言われました。
f:id:replication:20150802125532j:plain
「すべて無視」にチェックを入れて続行してみます。
f:id:replication:20150802125649j:plain
10.前提条件チェックの結果を無視したけど良いか聞かれるので、「はい」を選択します。
f:id:replication:20150802125729j:plain
11.インストールボタンをクリックします。
f:id:replication:20150802125845j:plain
インストール中...
f:id:replication:20150802125859j:plain
ファイヤウォールの警告は、「アクセスを許可する(A)」をクリックします。
f:id:replication:20150802125926j:plain
以下の画面がでたら、インストールは完了です。
f:id:replication:20150802125956j:plain