読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


Windows8.1でファイルサーバへのログインIDとパスワードを記憶させる方法

はじめに

Windowsでファイルサーバにアクセスする際、毎回IDとパスワードを入力するのは面倒です。
個人用のPCであれば、認証情報を保存することでログインIDとパスワードの入力を省略させることができます。

認証情報を記憶させる

1.ファイル名を指定して実行から「control」を指定して、コントロールパネルを起動します。
f:id:replication:20150728004304p:plain
2.資格情報マネージャを起動します。
f:id:replication:20150728004342p:plain
3.Windows資格情報の追加をクリックします。
f:id:replication:20150728004544p:plain
4.サーバのIPアドレスとログイン情報を入力します。
f:id:replication:20150728004656p:plain
5.OKボタンをクリックすると、資格情報が保存され、次回アクセスから自動的にログインしてファイルサーバにアクセスすることができます。

コマンドラインから資格情報を追加する

ログインするサーバが複数ある場合は、コマンドラインで資格情報を追加することができます。
資格情報を追加するには、以下のようにCMDKEYコマンドを実行します。

C:\Users\replication>cmdkey /add:11.22.33.44 /user:user01 /pass:pwd
>CMDKEY: 資格情報を正しく追加しました。
CMDKEYコマンドの使い方
関連記事