読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


重たいVisual Studioの起動を高速化する

f:id:replication:20140527015508j:plain
photo credit: Éole via photopin cc

はじめに

Visual Studioの起動がとてつもなく遅い。
起動をなんとか早くできないか調べてみたら、高速化する方法がありました。

Microsoft Visual Studio Professional 2013 DVD
マイクロソフト (2013-11-29)
売り上げランキング: 469

1.スプラッシュ画面を非表示にする。

Visual Studioを起動時のスプラッシュ画面を非表示にすると、起動にかかる時間を短くできます。
ショートカットのパスの末尾に、「/nosplash」を指定するとスプラッシュ画面を非表示にできます。
f:id:replication:20140527015914p:plain

2.スタートアップページを空にする

デフォルトでは、スタートアップ時にMSDNオンラインのページの情報を読み込みますが、これをオフにすることで起動にかかる時間を短くできます。
f:id:replication:20140527020048p:plain
2−1.ツールメニューからオプション(O)を選択します。
2−2.環境−スタートアップを選択し、スタートアップ時(P)を「空の環境の表示」にします。
これでいくぶん起動を高速化することができます。