読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


Visual Studioでできる条件付きブレークポイント

Visual Studio

f:id:replication:20140518220202j:plain
photo credit: visualpanic via cc

はじめに

for文やwhile文などループ処理をデバッグするときに、ループの回数がとても大きくて、目的の回数に達するまでF5キーを押すのが面倒になることがあります。
こんなときは、Visual Studioの条件付きブレークポイントという機能が役に立ちます。

はじめてのVisual Studio 2012 (TECHNICAL MASTER 72)
大和屋貴仁(監) 飯島聡 菅原允 内藤弘之
秀和システム
売り上げランキング: 156,486

条件付きブレークポイントの使い方

1.プログラムの実行を止めたい場所に、ブレークポイントを設定します。
f:id:replication:20140518220053p:plain
2.ブレークポイントの赤い丸のアイコンを右クリックして、「条件(C)」を選択します。
f:id:replication:20140518220358p:plain
3.ブレークする条件を指定して、「OK」ボタンをクリックします。
f:id:replication:20140518220523p:plain
4.これでデバッグ実行すると、ループカウンタが5になってはじめてプログラムが中断します。
f:id:replication:20140518220608p:plain

ループ処理のデバッグ時には活用してみてください。