読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


C6305の解説 sizeof 数と countof 数の間で不一致が発生した可能性があります

C++

f:id:replication:20140517170828j:plain
photo credit: lincolnblues via photopin cc

はじめに

とあるコードをVisual Studio 2013でコード分析をかけたら以下の警告が表示されました。

警告 C6305: sizeof 数と countof 数の間で不一致が発生した可能性があります.

C6305の警告の意味について調べてみました。

アドレスの型によって進むサイズが違う

たとえば、以下のコード。
sizeof(int)の4byteだけ、変数pに格納されたアドレスをずらそうとしているのですが、実際は4×4の16byte先にずれます。
これは変数pがint型のポインタ変数として定義されているためです。

#include "stdafx.h"
#include <stdlib.h>

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
	int *p = (int*)malloc(20);
	printf("0x%08x\n", p);	//>>0x00387478
	int cb = sizeof(int); 
	p +=cb; // warning 6305
	printf("0x%08x\n", p);	//>>0x00387488

	return 0;
}

4byteだけずらす場合は、p+=1で良いです。

#include "stdafx.h"
#include <stdlib.h>

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
	int *p = (int*)malloc(20);
	printf("0x%08x\n", p);	//>>0x002a7478
	p += 1;
	printf("0x%08x\n", p);	//>>0x002a747c

	return 0;
}

ちなみにchar型のポインタ変数の場合は、+1で1byteずれるので、以下のコードでも4byteだけずれることになります。

#include "stdafx.h"
#include <stdlib.h>

int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
	char *p = (char*)malloc(20);
	printf("0x%08x\n", p);	//>>0x004e7478
	int cb = sizeof(int); 
	p +=cb; // warning 6305
	printf("0x%08x\n", p);	//>>0x004e747c

	return 0;
}