読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい頃はエラ呼吸

いつのまにやら肺で呼吸をしています。


OracleでSQLの実行計画を調べる3つの方法まとめ

f:id:replication:20140517133302j:plain
photo credit: __MaRiNa__ via photopin cc

はじめに

Oracle DBでSQLの実行計画を取得するにはいくつかの方法があります。
この記事では実行計画を取得する3つの方法をまとめました。

新・門外不出のOracle現場ワザ エキスパートが明かす運用・管理の極意 (DB Selection)
小田 圭二 大塚 信男 五十嵐 建平 谷 敦雄 宮崎 博之 神田 達成 村方 仁
翔泳社
売り上げランキング: 14,912

1.手軽にexplain plan forを使う

以下のクエリを実行して、PLAN_TABLEを作成します。

@C:\app\Administrator\product\11.2.0\dbhome_1\RDBMS\ADMIN\utlxplan.sql

explain文の後に実行計画を取得したいクエリを実行する。

explain plan for
select * from table01 where id = '3';
>解析されました。

以下のクエリを実行することで、実行計画を確認できます。

@C:\app\Administrator\product\11.2.0\dbhome_1\RDBMS\ADMIN\utlxplp.sql

explain文は手軽ですが、SQLを手入力しないといけないのであんまりイケてないですね。

2.トレースログから実行計画を確認する

sysユーザで以下のクエリを実行して、トレースログファイルの出力先を確認しておきます。

SHOW PARAMETER USER_DUMP_DEST

NAME TYPE
------------------------------------ ----------------------
VALUE
------------------------------
user_dump_dest string
c:\app\administrator\diag\rdbm
s\orcl\orcl\trace

以下のコマンドでトレースログレベルを変更します。

ALTER SYSTEM SET SQL_TRACE = TRUE;
ALTER SYSTEM SET EVENTS '10046 trace name context forever, level 4';

この方法は、SQLを手入力する必要はありません。アプリケーションから任意のSQLを実行後、トレースログを確認します。
トレースログのフォルダには関係のないトレースログも大量に出力されるので、SQLの一部(たとえばテーブル名)などでgrepするとすぐに見つけることができると思います。
f:id:replication:20140517133934p:plain

3.DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSOR()を使う

アプリケーションからSQLを実行します。続いて、sysユーザで以下のクエリを実行し、実行されたSQLのSQLIDを取得します。likeの部分はSQLの一部なので対象のテーブル名などを指定します。

select sql_id, sql_text from v$sql where sql_text like '%table01%';

実行した結果が以下です。3afnfzvgvgs3uがSQLIDになります。

SQL_ID
--------------------------
SQL_TEXT
--------------------------------------

3afnfzvgvgs3u
select name from table01 where id=:b0

SQLIDが判明したら、DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSORの引数にSQLIDを指定して、以下のクエリを実行すると、実行計画が確認できます。

set serveroutput off
SELECT * FROM TABLE(DBMS_XPLAN.DISPLAY_CURSOR('3afnfzvgvgs3u'));

この方法であれば、事前にプランテーブルの作成やトレースログレベルの変更などをしなくても実行計画が確認できるので、便利ですね。